半夏生(ハンゲショウ)

和名 ハンゲショウ

別名 カタシログサ

科名 ドクダミ科

 ”半夏生”とは太陽の黄経が100度になる日で、夏至から11日目
(7月の2日ごろ)です。植物としての”半夏生”もこの頃に
花をつけるからこの名前になりました。

 別の説では、花に近い葉っぱの一部が白くなり花より目立つので、
”半化粧”だとも言われています。

閉じる